なまずフィレ


なまずフィレとは

ショッピングはこちら

なまずフィレ|効能

癌の発生を抑えたり、皮膚や粘膜を守る働きがあると言われています。また、肝機能を高めたり、視力を保つのを改善する作用があるとされます。その他、高血圧や動脈硬化を防ぐのに役立つと考えられています。含有される成分には、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA/IPA)、ビタミンD・Eなどがあります。ドコサヘキサエン酸は脳細胞を活発化させ、学習能力や記憶力を上昇させると考えられています。このため、老人性認知症の改善に有用とされています。また、アレルギー症状であるアトピー性皮膚炎などの症状を緩和したり、コレステロールを減少させる作用があるとされます。その他、癌の予防にも有用とされます。エイコサペンタエンサンはDHAより優れたコレステロール低下作用や抗血栓作用があると言われています。また、血液の流動性を高め、動脈硬化や高血圧を防ぐのに役立つと考えられています。その他、癌を防ぐ働きやアレルギー症状を緩和する作用もあると言われています。

なまずフィレ|作り方

頭をおとし、三枚おろしにしはらすをとります。そして、皮を剥いで出来上がりです。
肥沃な河川で養殖したなまずです。淡水魚ですが流水養殖をしており、川魚特有の臭みが少ないのが特徴です。 身がプリプリ脂も乗っていますので、身崩れもしずらく美味です。
照り焼き等蒲焼風に仕上げれば、「肉厚のうなぎ」風に早代わり。 フィッシュアンドチップス、天ぷらもクセになるほど美味です。

なまずフィレ|天ぷら

日本でなまずを食べる時、一番多い料理はてんぷらだと思います。皮をはいだ身を1センチ位の厚さに切って、てんぷらにすれば出来上がりです。 なまずは、生で食べる時にフグに例えられて歯ごたえがありますが、天ぷらにすると、とてもふんわりした歯ざわりになります。
油との相性が良いのでホテルや料亭様ではてんぷらや竜田揚げ料理にご使用いただいています。

なまずフィレ|唐揚げ

皮をはいだ身を1センチ位の厚さに切って、唐揚げにすれば出来上がりです。 なまずは、生で食べる時にフグに例えられて歯ごたえがありますが、唐揚げにすると、とてもふんわりした歯ざわりになります。
油との相性が良いのでホテルや料亭様ではてんぷらや竜田揚げ料理にご使用いただいています。

なまずフィレ|竜田揚げ

皮をはいだ身を1センチ位の厚さに切って、竜田揚げにすれば出来上がりです。 なまずは、生で食べる時にフグに例えられて歯ごたえがありますが、唐揚げにすると、とてもふんわりした歯ざわりになります。
油との相性が良いのでホテルや料亭様ではてんぷらや竜田揚げ料理にご使用いただいています。