最新情報 rss
2012年09月18日(火) 製薬会社様や大学の研究にも鯉が濃縮度試験などにご利用いただいております。鯉 稚魚 なまず わかさぎ しらうお 販売 養殖 かすみがうら 天然 活魚 製薬 試験魚 エビ 池 釣り堀 鱒 輸送 水産 市場  鯉のうま煮 鯉こく 鯉のあらい 川魚 〆池 淡水魚の事なら山野水産!!!
化学物質の生物濃縮性を調べる試験です。化学物質を一定濃度に保った水槽中で、魚類(コイ)を28日間飼育し、生体内に蓄積した化学物質の濃度を測定することにより、生物濃縮係数(BCF)を求めます。BCFが5,000倍以上である場合は高濃縮性として判定されます。また、BCFが1,000倍以上5,000倍未満である場合は、排泄試験や部位別試験の結果に応じて、高濃縮性かどうかの判断がなされます。 
このような用途にも弊社は対応致しますのでよろしくお願いします。